フルーツ青汁の口コミランキング

フルーツ青汁はむくみに効く?

 

手や足、顔などにむくみが出て一日がブルーになるなんてことはないでしょうか。女性が悩む身体のトラブルとして多いのがむくみです。生理前や妊娠中、更年期はもちろんのこと冷えなどによる血行不良によって、身体に溜まった老廃物を上手く排出することが出来なくなり身体に留まることによってむくみとして現れてしまうのです。

 

むくみを解消するには身体に溜まった毒素や水分を体外に排出することが必要不可欠となります。日常の中で糖分や塩分が多く含まれた食事や飲みものなどを多く摂取していませんか?また冷たいものばかりを好んで摂取していませんか?こういった日常がむくみを作り出しているので青汁を使ってむくみを解消してみましょう。

 

そこでお勧めするのが明日葉を使用した青汁であり、明日葉にはカルコンという成分が含まれています。もちろん青汁の本来の目的とされる食物繊維も多く含まれているのですが、カルコンはポリフェノールの一種であり利尿作用や血管を拡張する作用がある為、食物繊維と一緒に身体に溜まった必要のないものを体外に、より効率的にスムーズ排出することが出来るようになります。

 

明日葉のカルコンがデトックス効果を発揮してダイエットも期待出来るのではないでしょうか。またカルコンには代謝を促進させる働きもあり身体を正常にする働きもあり生活習慣病の予防にも役立てることが出来ます。ケールや大麦若葉など多くの青汁に含まれているものよりも明日葉を使った青汁の方が飲みやすいという声も多く青汁を初めて飲む人にもお勧めです。

 

フルーツ青汁と野菜ジュースの違いは何?

 

 

健康や美容に効果的とされ多くの人が青汁を毎日の生活に取り入れているのではないでしょうか。ですが中には青汁は飲みにくいからと野菜ジュースで代用している人はいませんか?では野菜ジュースは青汁の代用品として利用できるのでしょうか。フルーツ青汁の口コミ!と野菜ジュースの違いを見ながら考えてみましょう。

 

青汁も一見すると緑色のジュースなので野菜ジュースなのでは?と思う人もいるでしょう。一般的な野菜ジュースは飲みやすさを追求する為、糖分や果物の果汁などが含まれていて、さらに野菜独特の青臭さを感じさせない為に比較的癖の少ない淡色野菜が使われていることが多くなります。

 

これに対して青汁は緑黄色野菜のみで作られており、この点が青汁と野菜ジュースの大きな違いとなるでしょう。淡色野菜とはキャベツやレタスなどで緑黄色野菜はほうれん草や小松菜などです。もちろん淡色野菜でも充分に栄養はあるのですが、緑黄色野菜の方が遥かに栄養価が高くなるのです。

 

また含まれている栄養素にも違いがあり、野菜ジュースの場合には糖分であるショ糖が含まれているのですがこれがビタミン類を吸収する際に阻害する働きを持っているので栄養の吸収の面でも野菜ジュースよりも青汁の方が上回っているでしょう。

 

このことから青汁を取り入れる方がより効果的に栄養素を摂取出来ることがわかります。もちろん野菜ジュースにも栄養素は含まれていおり、忙しい毎日を送る現代人にとっては手軽に野菜の栄養を取り入れることが出来るのでなくてはならないものとなっていますが、これを青汁に変えるだけでさらに効率的に野菜の栄養を摂取することが出来るのではないでしょうか。

 

桑の葉の青汁

 

青汁の原料と言えば野菜の王様と言われるケール、アンチエイジング効果の高い大麦若葉、ケールよりも栄養価が高いことがわかっている日本原産の明日葉などが代表的です。ですがこれらの原料の他にも青汁の原料となっているものが「桑の葉」です。

 

蚕が桑の葉を食べてまゆを作るイメージが強いのですが、実は桑の葉は古来より漢方薬として使用されてきました。また桑は葉だけではなく、根っこの皮や果実なども漢方薬として使用されてきたようです。

 

桑の葉の成分としてはカロチンやビタミンB1などのビタミン類、食物繊維やSOD活性、y−アミノ酸などが含まれており、最近では青汁の原料として主流であったケールよりも栄養価が高いことが分かって桑の葉の効果や効能に関心が高まっています。

 

また他の原料には見られないDNJ(デオキシノジリマイシン)という成分が含まれており、DNJ(デオキシノジリマイシン)はブドウ糖によく似た構造で血糖値の上昇を抑えることからインシュリンの分泌を抑えることが出来るので高いダイエット効果を期待することができ、生活習慣病の予防にも役立てることが出来るのではないでしょうか。

 

健康や美容を維持する為に青汁を飲んでいる人も多いでしょう。その中でダイエットを目的として青汁を飲んでいる人は桑の葉を原料とした青汁を選ぶことによてより高いダイエット効果を得ることが出来るようになります。

 

また漢方薬に利用されてきたと聞くと癖があって飲みにくいのでは?と思う人もいるでしょう。ですが桑の葉はお茶としても親しまれているほど癖がなく飲みやすいものなので、桑の葉を原料とした青汁も無理なく飲むことが出来ます。

 

体脂肪を効率よく燃焼させる食べ方とは

 

有酸素運動などの運動の効果を高めたいと考えているのでしたら、運動を始める30分くらい前に、体の中にアミノ酸を取り込むようにしましょう。事前にアミノ酸を摂取することによって、体脂肪の燃焼作用を高めることが出来るようになります。

 

また、普段の食事で脂肪を燃焼させやすくしたいと考えているのであれば、昼食や朝食でしっかりアミノ酸を摂取することも心がけるようにしましょう。日本食として、納豆や味噌汁、白米などといったものがありますが、これらの代表的な日本食というのは、アミノ酸が豊富に含まれています。

 

お米というのはたんぱく質が7%ほどを占めているのですが、メチオニンが多く含まれていて、反対にリジンがあまり含まれていないという特徴があります。反対に、大豆類というのは、メチオニンがあまり含まれていなくて、リジンがたくさん含まれていますので、バランスよく摂取することが出来るようになっているのです。

 

また、血液をきれいな状態にする働きもありますので、血液の循環も高まりやすく、冷え性対策や脂肪燃焼作用のサポートをしてくれるのです。最近はアミノ酸サプリメントもたくさん売られていますが、その中で代表的なのはプロテインでしょう。

 

このアミノ酸というのは、体力を高めたり、免疫力や肝臓の働きを促進させる作用もありますし、筋肉を増やすためにも必要だといわれています。ですので、アミノ酸サプリメントでアミノ酸を補給するのであれば、そのアミノ酸サプリメントの原料や成分の種類などもちゃんと確認をしておきましょう。

 

なお、アミノ酸というのは、必須アミノ酸として必要な分だけが利用されることになります。ですので、アミノ酸を摂取するのであれば、アミノ酸スコアもとても重要になるのです。スコアが低いアミノ酸なのであれば良質なアミノ酸と一緒に取り込むようにしましょう。

 

また、アミノ酸だけを摂取しても、体の中で必要なアミノ酸を合成することが出来なければ効果は半減してしまいます。ですので、アミノ酸の働きの補助をしてくれるビタミンCやビタミンB軍などといったビタミン類も同時に摂取することも忘れないようにしてください。

 

この他にも、貝類や魚介類、レバーなどもアミノ酸やビタミン類などといった体脂肪を減らす働きを持っている成分が多く含まれていますので食事に取り込むようにして、効率よく必要な成分を摂取することが大切です。

 

参考1番痩せるサプリ完全版!飲めば絶対違いがわかる実感力ランキング!

 

 

新着情報